« 心の3S(^^) | トップページ | 棚のペンキ塗り »

2007年6月 7日 (木)

経理書類の3S

経理の書類は法律で7年間保管しないといけません。
いままでは、整理整頓されることなく、社長のお家に
置いたままになっていました

そこで全部会社にもってきて、必要な場所と箱を確保して
整理整頓しました。

今まで、狭い・場所が無いが口癖の共伸技研だったような。。。

最近では整理が進み、場所を確保できるようになってきました。

O

|

« 心の3S(^^) | トップページ | 棚のペンキ塗り »

「3S活動報告」カテゴリの記事

コメント

木下です。

「黒板の責任者表示」
http://brush-v.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_c189.html
で書いた「管理方法の直接掲示」を実践されたのかな?

こういった日常業務では殆ど実施することの無い作業の
手順なんかにも効果がありますね。

小さなもので手順を全て書けないような場合は
-----------------------------------------------
「xxx管理マニュアル」の「zzzz」の項目に従って
作業して下さい。
-----------------------------------------------
とだけでも表記しておくとか。

日々実施している事に関しては手順はみんな頭に入っているだろうけど、たまにしか行わない仕事の手順は忘れていたり、勘違いが起こり易いので
「この仕事には手順書があるんだ。」
「手順書に従って作業しないといけないんだ。」
とか
「特に注意する点」
を明確に現物に表示しておくのはいいですね。

この辺りが徹底されマニュアルが増えていけば
後は、
「不良品が発生した時の対処方法」
「顧客満足度の計測」
「決定事項の進捗の再確認を行っているか」
等のポイントを進めれていけば良さそうですね。

ISOでは
「計画(Plan)して実行(Do)するだけでなく
その結果を評価(Check)して次の行動(Action)に移ることを継続する仕組みが出来ている」ことを審査されます。

「計画(Plan)して実行(Do)するだけでなくその結果を評価(Check)して次の行動(Action)に移ることを継続している」ことを審査されるのではなく、「その為の仕組みが出来ていること」を審査される点に注意してください。

まあ、「週末の30分活動」等定期的に実行されている
ことや色々な会議を行って過去の活動を更に改良されている実績はあるから、あとはその活動自体をマニュアルにして「仕組み」として文書化されていれば大丈夫かな。

それにしても・・・
http://brush-v.cocolog-nifty.com/blog/3s/index.html
これまでの実績の一部でしょうが凄いですね。

投稿: kino | 2007年6月 8日 (金) 11時56分

ありがとうございます!

黒板はまだできてませんm(. .)m
またこのブログでご報告します!

投稿: 加藤@共伸技研 | 2007年6月 8日 (金) 16時12分

木下です。

いえいえ、「管理方法の直接掲示」を
経理の書類の整理の時に行われたのかなと(^^

投稿: kino | 2007年6月 9日 (土) 17時22分

(^^)ヾポリポリ

投稿: 加藤@共伸技研 | 2007年6月11日 (月) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68297/6698347

この記事へのトラックバック一覧です: 経理書類の3S:

« 心の3S(^^) | トップページ | 棚のペンキ塗り »